カテゴリー

結婚・離婚・パートナー

f:id:web-minako:20181231130826j:plain

離婚について

私は離婚の経緯について聞かれることにも話すことにも抵抗はないので、直接聞いてもらえたらお話しします。

でも、できるだけブログでは書かないようにしています。一方的になってしまうから。

できれば、私から聞いた話だけで全てを知ったと思うのではなくて、元夫からも話を聞いほしいなと思います。

同じ出来事でも、私が見て感じたことと相手が見て感じたことは違っているはず。

見る角度によって同じ物体でも違う見え方になる、という例えがよく使われますよね。

私と相手の話を両方聞いたとして、どちらにどれくらい肩入れするかも聞く人それぞれの経験や考え方によって変わると思います。

 

シングルマザー生活が楽しい♪と言ってると、離婚を推奨しているような誤解を与えてしまうこともあるようですが、そんなことは決してありません。

私が結婚生活で得たものは数多くあります。

その経験や知識があるから今の生活が充実しているし、もし結婚しない生き方をしてきたら今の私に魅力はないと思います。

パートナーについて

最近「パートナー」っていいな~なんて思ったりします。

結婚という形はとらず「公認のパートナー」として一緒にいる人たちを最近よく見るので、憧れることもあります。

公私共に支えあい、一緒に成長し続ける、そんなパートナーがいたら。

と思う反面、今の自由を手放したくないという身勝手な思いがあったり、私自身の男性不信も根強かったりする。

私は依存しやすいから、どっぷり一人に浸かってしまうのは怖い。

でも本当は一人の相手と盲目的に愛し愛されたい。
大好きな人が私の全てを受け入れて愛してくれたら、それだけでいい。

なんて。メンヘラ特性を暴露してどうするんだ。

ちなみに

私の持ちネタとして同じ男に7回振られたという武勇伝があります。

中学~高校まで付き合っていた、ベタ惚れしていた彼氏。
2~3か月に1回「好きな人ができたから別れて」と言われ、泣く泣く別れて、1~2か月後に「やっぱりミナがいい」と戻ってくる。

私は毎回「ずっと好きでいる。待ってる。」と言ってました。

それを繰り返してて、もちろん周りからはあきれられていました。

今ではすっかりネタ話になっていますが、当時は辛い思いをしました。

ポリアモリーという概念を知った今ならどうするのかな。

さらにちなみに

私は結婚していたとき、夫に浮気OKと言っていました。

別に私が浮気したいわけではなくて。

夫の望む理想の妻にはなれないから、私に足りない部分は他で埋めていいよ、というのが夫に対する愛だと思っていました。

でも、自分がそう言われたら、ちょっと突き放された気分になってしまうかも、とも思います。

理想の妻になれるように努力するのが本当の愛なのかな。

わかりません。

恋愛研究中

自分で言うのもなんだけど、私は仕事はデキる女だと思います。

でも恋愛に関しては不器用だし、おバカです。

だから、勉強し続けています。

 

いつか、私なりの正解を見つけられるといいな!