カテゴリー

幸せなシングルマザー生活に必要なもの

f:id:web-minako:20181231114548j:plain

リクルへ遊びに行った私がスタッフのみほさんと蝶の完全変態の神秘について熱く語りあってる横で、なみちゃんは電卓を叩きながら微笑んでる。

そんな時間が私にとっては本当に幸せな時間です。

なみちゃんとは昆虫や爬虫類の魅力は共有できなくても、それを好きな私のことを丸ごと受け入れて愛してくれます。

私には支えてくれる友人がいるから、幸せなシングルマザー生活ができています。

 

金沢シングルマザーの会の交流会では自己紹介で泣き出してしまう人もいます。
離婚準備中の方がそうだったりします。

離婚前の先が見えない時期が一番つらいんですよね。

私もそうでした。

「金沢 シングルマザー」で検索してもほとんど情報は得られなくて、これから先どうなっていくのか。子どもを幸せにできるのか。

不安と自己嫌悪と罪悪感と、いろんな気持ちを抱えながら、進むしかなくて。

私の場合は、環境が変わることには慣れてるし、息子と暮らせることが一番大切だったから、とにかくやるべきことを一つ一つ消化してくだけ。

と思って、自分ではそれほど苦しいと感じていませんでした。

でも、私を一番近くで見てくれていたなみちゃんは私の危うさに気づいていました。

なんやかんや理由をつけては私に同行してくれて、一緒にいてくれました。

市役所に一番最初に相談に行ったとき、職員さんの言葉が優しくて、涙があふれてしまって、そこで初めて、気づかないうちに気を張っていたんだと分かりました。

もちろん、そのときもなみちゃんが一緒にいてくれました。

なみちゃんと出会ってなかったら、きっと今頃は神奈川の実家で普通の会社員シングルマザーをしているんじゃないかな。

私一人だったら見ることができなかった世界をたくさん見せてくれたなみちゃんへの感謝は一生消えません。

この先、万が一、なみちゃんが最低なダメ人間になったとしても、私はなみちゃんを愛します。

メンヘラは受けた恩を忘れません。

 

シングルマザーの会のことを書こうと思ってたら、なみちゃんへのラブレターになってました。

私が言いたいのは、シングルマザーに必要なのは受け入れて支えてくれる存在だということ。

先日の金沢シングルマザーの会の交流会でも、この会のことを知っただけでも心の支えになったと言ってもらえて、少しでも役に立てたことがうれしかったです。

思うように活動ができないジレンマもあるけど、一人でも心が軽くなってもらえるなら、これからも自分ができることを続けていきます。

f:id:web-minako:20181231114628j:plain