カテゴリー

ビバ!小学校生活 ~入学編~

f:id:web-minako:20180611104055j:plain

息子が小学校へ入学してから早2か月。

小学校生活に関して私が思うアレコレを放出します!

入学準備で思うこと

小学校の入学準備で書類を書いていると、自分の状況を再確認させられます。

緊急連絡先の欄に、私の名前の他に誰を書いたらいいのか一瞬悩んでしまうから。

神奈川県に住んでいる母や妹に連絡が行っても迎えに来られないので、私の連絡先の次にはリクルのなみちゃんの連絡先を書きます。

そんな書類を書いていると、一人で子育てをしていると再認識して不安を思い出します。でも直後に、それよりも大きな感謝に気づくことができる私は幸せだなと感じます。

なみちゃん、ありがとう!
みんな、ありがとー!

私には遠慮なく頼れるなみちゃんや応援してくれる人たちがいるけど、他のシングルマザーさんはどうしてるんだろう。実家から離れたいけど動けない、という悩みもよく聞きます。 

住みたい場所に住んで、やりたい仕事ができる。そんなシングルマザーがもっと増えていったらいいなと思います。 

見送り

保育園と小学校の最大の違いは送り迎えがなくなることですよね。

いってきます!ママもおしごとがんばってね!

と、出かけていく息子の後ろ姿に、今朝も感動していました。

f:id:web-minako:20180608092336j:plain

いつも息子の姿が見えなくなるまで見送りをしてしまうのですが、

ママ、はやくおしごと行って、さっさとおわらせてきて!

と怒られます。

そんなにしっかりしなくてもいいのにー。

まだ甘えん坊でいいのにー。

と、子離れ試練中の母なのであります。

近道!?

いってきまーす!きょうは、ちかみちしていくー!

そっかー、気を付けてねー。いってらっしゃーい!

と、見送っていると、学校とは逆のほうへ曲がって行く息子。

ん??間違えた?気づいて戻ってくるかな?

………

………

………

戻ってこない!?

どこに行ったのーー!?

走って追いかけても、どこにも見当たらない!!

と慌てていたら、道の向こう側に息子の後ろ姿が。

ちょっと遠回りだけど、ちゃんと学校へ向かってました。

そういえば、登下校ってちょっとした冒険で、私も楽しいルートをいろいろ持ってたなぁと思い出しました。

できれば私も一緒に冒険したい…!けど、息子には息子の物語を作っていってもらわなくちゃ。

と、涙ぐみながら見送る母でありました。

忘れ物パラダイス

帰宅した息子へ

連絡帳見せて~

はーい!(ガサゴソ)………なーい!

ないって、何が?

ランドセルの中を見ると、からっぽ!!

なーんにも入ってない!

わすれた~

えーーー!??

どうしよう、面白すぎる…かわいすぎる…っっ!!

よし!学校に取りに行こー♪

 

これ、入学してから1か月間で2回ありました。

他にも、通学帽がない、内履きがない、傘がない…どこに置いてきたの?わからなーい!

もう慣れました。

男の子を育てる先輩ママさんたちにとっては「あるある!」みたいですね。

「でも、さすがにランドセルに何も入ってないことはないわ~」と言われましたが。

もー。さすが私の息子、豪快でよし!

学校に行く理由

ママがおしごとにいってるときに、ママがころされちゃったらイヤだから、ママといっしょにいたい

なんて、ちょっと怖いことを言ってきた息子。

大好きな人がいなくなってしまうのが一番の恐怖って気持ち、わかるよー。

ママも殺されたくないから気を付けるけど、心配だったら、息子くん、ママのお仕事手伝ってくれる?

うん!

何を手伝ってもらおうかなぁ…

………

…息子くん、まずは小学校で国語と算数を勉強してきてくれる?
字が読めて、計算ができないとお仕事を教えられないから。

わかった!

本気で息子に仕事を教えて助手になってもらおうかなと、ちょっと考えてみたんですが、まずは読み書きができないと教えるのが大変だと気づきました。

個人的には息子が学校に行きたくなければ行かないでいいと思ってるのですが、そう考えると、やっぱり勉強って大事!先生が教えてくれるって、ほんと助かる!と思いました。

学校って、ありがたいですね。

息子も納得してくれたようです。

息子と一緒にお仕事するのも魅力的なので、何から始めればいいのかも考えてみたいと思ってます。

宿題

息子は学校から帰るとすぐに宿題を始めます。

なんて真面目な子なの!

 

でも実は、入学から1か月間は宿題をやるのが嫌で泣いたりしてました。

そんなに嫌なら、やらなくてもいいよ?

なんで?

んー。ママは、息子くんが泣くほど嫌なことなら、やらなくてもいいと思うから。

宿題をやるのがどうしても嫌だったら、先生に「宿題はやりません」って言えばいいよ?

道徳的にどうかなと思いつつも、私の考えを話してみたら

…やる。

と、宿題に手を付け始めました。

 

私は一度も宿題をやれとは言ってないのに、今では帰ったら真っ先に宿題を片付ける息子のことを不思議に思うし、誇らしくも思います。

f:id:web-minako:20180610190002j:plain

自分なりに考えて行動できる息子が頼もしい!

ちなみに、学習机は息子との2人暮らしを始めたばかりのときに先輩シングルマザーさんから譲って頂いた思い入れのある机です。

自分からここに座って宿題を始める息子の姿を見ると、いろんな思いで胸がいっぱいになってしまって、抱きついたり、横で応援したりと邪魔をして怒られる私。

そんな時間が幸せです♪

 

子離れも必要だけど、もう少しだけ、息子にくっける時間を堪能します!

息子よ、小学校を楽しみ尽くせ!!