カテゴリー

バツ2の今が一番幸せ。ノストラダムス~シングルマザーへの道のり

#わたしの転機

この記事を公開することも、私にとっては一つの転機となります。 

私は小1の息子を持つシングルマザーであると公言しています。
でも実はバツ2であるということは滅多に話しません。

1回目の離婚が少々ヘビーな内容なので聞かされた方が困るかなという遠慮と、2回も離婚しているというと人間性を疑われるかなという自己防衛心から、あえては言わないようにしてきました。 

そして、私にはもう一人息子がいます。
その子が5才のときに、私は彼を手放しました。

もし私のことを「強く正しい母」だと勘違いしている人がいたら、本当の私を知ってください。

ノストラダムス結婚~自殺未遂

20才 最初の結婚

ノストラダムスの大予言。

「1999年7月に地球が滅亡する」

1979年生まれの私の人生は20才で終わると密かに思ってました。

でも、1999年の7月は何事もなく過ぎ…。

人生設計を全く考えていなかった私は焦り始めました。

理由はそれだけではないですが、この年に結婚しました。

23才 長男出産

結婚から約1年後に妊娠し、出産。

※このブログに登場している「息子」と区別するために、こちらの息子は「長男」とします。

長男は手がかからず、育てやすい子でした。
その上、義母が全面的にサポートしてくれたおかげで、子育てのストレスを感じることはほとんどありませんでした。

よちよち歩きの長男と近所をのんびり散歩しているとき、

これが ”幸せ” なんだな~

と、胸いっぱいに温かさが広がったのを鮮明に覚えています。

そんな幸せを私に与えてくれた夫に心から感謝していました。

25才 未来への不安

長男にますます手がかからなくなってきて、ふと周りを見ると、

・職を持っている独身の同級生がキラキラ輝いて見える。
・ママ友はそれぞれキャリアを保有し、職場復帰を視野に入れている。

私は…?

長男が成長したあと、私は何をしているんだろう。
私にはこれといったスキルがないし、職務経験もない。
これから雇ってくれる会社なんてあるんだろうか。

今思うと”まだ25才”だけど、当時は”もう25才”という絶望感があり、なぜか常に焦り続けていたように思います。

27才 自殺未遂

後から調べると、完全にうつ病でした。

その時は、眠れない日が続いていて「ちょっとでいいから、何も考えずに寝たい」と思っただけなんです。

大量の風邪薬をお酒で飲みました。

動けなくなっている私を夫が見つけてくれて、救急車で運ばれました。

医者や看護師から「自殺なんて考えないで…」と言われて、初めて自分が自殺未遂をしたと知りました。自分では「死にたい」なんて考えはなかったので。

入院中はずっと脳の動きが停止している感覚でした。目で見たものは認識しているし、人が話していることは分かるけど、反応ができないでいました。

私を一人にしないように、母と妹が交代で病室に寝泊りしていました。

なぜか妹と2人でいるときだけは声を出せたので、「死にたいとは思ってないよ、ただ寝たかっただけなんだ」と話したら、妹が私に気づかれないように泣いていました。

3日間、点滴だけで過ごした後、初めておかゆを口にしたときに「おいしい」と母の前でやっと声を出せました。そのとき、

生きててくれたら、それだけでいいから

と言って、母は泣きました。

その言葉が、私を変えていった転機の一つになっています。

退院後は実家に引き取られ、療養していました。

長男は義母が面倒を見てくれていました。 

ここからも色々とあるのですが、長くなるので次いきます!

28才 離婚

通信教育で簿記を勉強し事務員として働き始めると、意外に社会で自分の能力が通用することに驚きました。

結婚生活を再開することは考えられず、離婚。
長男を引き取って育てていける自信はなく、義母に託しました。

このときの私は弱くて不安定で、生きているだけで精一杯でした。

 

依存結婚~シングルマザーデビュー

30才 再婚

メンヘラ状態の私を受け入れてくれる彼と一緒にいたくて、転勤について行くため、再婚。

気を抜くとやってくる自己嫌悪と自殺願望の波を、新しい土地で新しい仕事をすることで紛らわせていました。

夫に依存しながら、「生きてるだけでいい」という母の言葉を反芻しては、徐々に開き直りの境地へと近づいていきました。

33才 職業訓練・息子出産

妊娠中に職業訓練のウェブデザイナー科を受講し、資格を取得。
ここで初めて、自分のやりたいことが見えてきました。

【関連記事】普通の主婦だった私がWebデザイナーになるまで 

実家から遠く離れた転勤先で息子を出産。

ワンオペ育児により、子育ての苦労を痛感しました。 

その後、転勤で地元へ戻ったことをきっかけに、パソコン教室でインストラクターとして働き、人の役に立てることの喜びを知り、仕事と育児に精を出しました。

35才 金沢へ移住

夫から石川県への転勤話が出てきたときは、ついて行くべきか悩みました。
パソコン教室でのやりがいある仕事を捨てて、実家からはるか遠い石川県へ…。

でも、このときは家族3人でいることを選びました。

ここも大きな転機です。
金沢へ来なかったら、こんなに幸せな今はないんだから。 

金沢でWebデザイナーとして働き始めて、自分の価値を見直しました。

大切な友人と出会い、尊敬できる人に出会い、多くのことを学びました。
成長を実感して、自分を好きになり始め、自分を許せるようになりました。

37才 離婚

もう笑うしかない、2度目の離婚!

シングルマザーデビューです!

離婚の原因については一言では言えないのですが、お互いに依存しあっていた関係から脱したのかなと私は思っています。

母子家庭になると決まったとき、神奈川県の実家に戻ることも考えましたが、どうしても大好きな金沢を離れたくなくて、息子と2人で金沢で暮らすことを決意しました。

友人に支えてもらいながら不安の中での生活でしたが、自分が思うままに行動していたら、大切な人たちと出会えたり(主に変人)、仕事が選べるようになってきたり、様々なことが順調に回り始めました。

38才 現在に至る

今が人生で一番幸せです。

この幸せと感謝を誰かの役に立てたいと思うようになり、金沢シングルマザーの会を始めました。

 

シングルマザーになれた幸せ

別れた長男の成長については知らせてもらっています。
私が言えた義理ではないですが、恵まれた環境で立派に育っていて、安心しています。
万が一、長男が私を恨んでいたりしたら何をされても構わないと思っていますが、そんな考えを持つような育て方はされていないと思います。

私の選択で2人の子どもを不幸にしてしまったと考えたときもありました。
でも、片親で育った子が不幸だと思ったり、まともに育たないと考えることは無知で失礼なことだと今は知っています。

今、私はシングルマザーの会の活動によって、片親で育った人たちとたくさん出会っています。みんな、人並以上の優しさと強さを持って社会で活躍されている方ばかりです。

 

私は最初の離婚ではシングルマザーになれませんでした。その器も知識も勇気もなかったんです。

シングルマザーになれた人は自分を誇らしく思ってほしいし、なれなかった人は自分を責めないでほしい。

どちらも、悩んで苦しんで、子どものため・自分のために出した決断なんですよね。

2度の離婚から得た最強のメンタル

私はポジティブだと見られがちですが、本質はかなりのネガティブです。

そんな私が身に着けた特技は「立ち直りの早さ」

【関連記事】ネガティブを極めるとポジティブになってしまうらしい。

この先何が起きたとしても、3日もあれば立ち直れる自信があります。  

無理にでも動けば気分が変わり、新しい道が見えることを学んできたので、落ち込んだときほど私は活動的になります。元気なときは、もちろんよく動きます。つまり、常に落ち着かない!

もうマジで何があっても怖くない!

まさに「死ぬこと以外はかすり傷」です。

明日死んでも成仏できる

何か決断をするときに迷ったら「明日死んでも後悔しないか」で決めることにしています。

大切な相手に伝えたいことは、今すぐ伝えるようにしています。

やりたいことで、すぐにできそうなことは今すぐに始めます。

明日死んだら、息子のことだけが心残りだけど、毎日はっきりと愛情を伝えているし、息子を託す妹のことを信じているので、心配はありません。

もし私が数年後に死ぬことになったら、息子は妹の家(神奈川県)には行きたくない、金沢に残りたいと言うかもしれません。
そんなとき、誰かが手助けしてくれるような人脈を残せたらと思っています。
私自身が人の役に立つことを積み重ねていけば、きっと息子を助けてくれる人が現れると信じています。

そう簡単には死なないけどね!

読んでくれてありがとう!

長文を最後まで読んでくれてありがとうございました。

これでも5分の1くらいに削ったんですよ~。

ずっと話したくて、でも怖くて。
そうやって悶々としていることが嫌になったので、この機会に書いてみました。
これを出したら、さらに開き直っちゃって本当に怖いものなしになってしまう自分がちょっと怖い。

私の過去を知って、自分と合わないと思えばそっと離れてくれたらいいし、興味を持ってくれたらウェルカムだし、今仲良くしてくれてる人たちにはこれまでと変わらずに絡んでもらえたらうれしいです。

私に関することなら何でも聞いてほしいし、何でも話します。

そして、私の経験が役に立つなら、ぜひ活用してもらえることを望んでいます。 

 

 

#わたしの転機

りっすん×はてなブログ特別お題キャンペーン「りっすんブログコンテスト〜わたしの転機〜」
Sponsored by イーアイデム

 ↑5万円の旅行券がほしくて書きました。 息子とUSJに行きたーい!!