カテゴリー

寒すぎる和室の畳を上げて新聞紙を敷いてみました。

f:id:web-minako:20171113142847j:plain

不思議なことにうちのボロアパートは外より家の中の方が寒くなります。

古い和風住宅ではよくあることらしいですね。
畳の下に新聞紙を敷くと保温効果があると教えてもらったので試してみました。

とっても簡単!畳あげ

寝室、大公開!

f:id:web-minako:20171113092303j:plain

家具を移動した後です。

寝室にはベッドと小さなチェストしかないので、空っぽにするのは簡単でした。

ちなみに、引っ越した直後に通販で買ったベッドを一人で組み立てられたとき、自分を頼もしく思った反面、こういう所が女として可愛くないんだなと落ち込んだりしました…。

手がかからなくてイイ女だとも思うんですどね!
家具の組み立てでお困りの女性がいたらお手伝いしますよ~!

 

さて、畳を上げるには、マイナスドライバーを使います。

畳の縁にマイナスドライバーを差し込み、テコの原理で持ち上げます。

f:id:web-minako:20171113115928j:plain

ただ、畳はけっこう重いので、片手で持ち上げようとすると女性には難しいかもしれません。

そんなときはドライバーを足で押さえて、両手で持ち上げましょう!

こんな感じで畳を持ち上げることができます。

f:id:web-minako:20171113120135j:plain

能登で畳を作ってるんですね。知らなかった!

f:id:web-minako:20171113121818j:plain

一枚上げてしまえば、あとは簡単です。

f:id:web-minako:20171113121004j:plain

全部上げるとこんな感じ。

どんなボロボロの床が出てくるかと身構えていたのですが、案外キレイで安心しました。

畳の下に新聞紙を敷いて保温!

掃除をして、新聞紙を敷いていきます。

事前にどこからか新聞紙をもらっておけば良かったのですが、突然思い立ってやり始めてしまったので、うちにある新聞紙が少なくて、途中からはチラシなど家中の紙をかき集めて敷き詰めました。

f:id:web-minako:20171113121552j:plain

私たちの退去後、リフォームが入るときにこれを見て業者さんが笑ってくれるか、あきれるのか…一人想像してニヤニヤしながら畳を戻していきました。

 

畳の下に新聞紙(とチラシとパンフレットとセミナー案内)を敷いてから数週間経ちましたが、保温効果については…正直よく分かりません。相変わらずうちは寒いです。

でも、畳の下を掃除して気分は良くなったので、今回はそれで良し!です。

他にも効果的な保温方法があったら、情報お待ちしています。