カテゴリー

ハニベ巌窟院で地獄めぐり。ここは一人で行っちゃイケナイとこ。

f:id:web-minako:20170730231330j:plain

ずっと気になっていた小松市の珍スポット「ハニベ巌窟院」へ行ってきました!

究極の地獄めぐり

ここは地獄か?はたまた極楽か?!

鬼も遊ぶ、仏陀の里

出典:ハニベ巌窟院キャッチコピー

こんな所に超怖がり息子を連れて行けないので、一人で行ける機会を狙い小松へ車を走らせてきました。

未完成のハニベ釈迦牟尼大仏

f:id:web-minako:20170730163051j:plain

のどかな田園の中に突如現れる大仏の頭。ここがハニベ巌窟院です。

f:id:web-minako:20170730163121j:plain

平日昼間。この日は駐車場に一台も車がありませんでした。

拝観料800円を払い、大仏の傍へ。

f:id:web-minako:20170730163349j:plain

近い!!

平和への祈りを込めたハニベ牟尼大仏は未完成で、現在の高さは15m。高さ33mの大仏建立がハニベ巌窟院の悲願だそうです。

大仏の下は水子堂となっています。

f:id:web-minako:20170730164244j:plain珍スポットとして知られるハニベ巌窟院ですが、しっかりと水子の供養をしてくれます。

洞窟寺院の地獄めぐり

地獄めぐりの洞窟にたどり着くまでにも色々と気になるモノはあったのですが、長くなるので本題へ飛びます。

私がずっと気になっていた地獄めぐり洞窟。

これでもか、これでもかと洞内に繰り広げられる地獄絵巻

一巡して何か心にとどまるものがありましたら幸いです。

ハニベ巌窟院パンフレットより

f:id:web-minako:20170730203509j:plain

ここが入口。

石切り場だった洞窟の中におびただしい数の仏像が安置されているそうです。

天井の低さと洞窟の暗さ、誰もいない山の中の静けさ…。入るのを少しためらいました。怖い…けど見たい!いざ!

f:id:web-minako:20170730204438j:plain

写真だと明るく見えますが、実際はもっと暗いです。

入ってすぐの正面に大黒様らしき像がありました。

f:id:web-minako:20170730204537j:plain

なんとも機嫌が悪そう…なんか…すみません。

奥へ進んで行くと、お釈迦様の一生を描く彫刻に囲まれた空間へ。

f:id:web-minako:20170730204725j:plain

f:id:web-minako:20170730204829j:plain

f:id:web-minako:20170730204900j:plain

怖いって!!

一人きりで洞窟の中でコレと向き合うのは本当に怖い!

まだ入って1分ほどですが後悔し始めました。誰か連れてくれば良かった…

でも勇気を振り絞って進みます。

子宝を授けてくれるという鬼子母神。

f:id:web-minako:20170730205347j:plain

正統の招き猫

f:id:web-minako:20170730205603j:plain

唐突に前衛的な作品も。

f:id:web-minako:20170730205642j:plain

インド彫刻コーナーではちょっと怖さが軽減。

f:id:web-minako:20170730205721j:plain

色っぽいヤクシニー像

f:id:web-minako:20170730205756j:plain

何が何だか…

f:id:web-minako:20170730210132j:plain

これは何の像だか分からないのですが、照明の当たり方が絶妙で浮いているように見えて驚きました。

f:id:web-minako:20170730205958j:plain

ひんやりした洞窟の中では、天井から滴る水音と自分の足音しか聞こえません。

数々の仏像の視線に耐えながら、やっと地獄の門へたどり着きました。

f:id:web-minako:20170730210240j:plain

ここからが本番。

気持ちを落ち着けるために友人へLINEしようと思ったら、なんと圏外!洞窟ですもんね。

そんなとき首筋に冷たい水滴が落ちてきて「ヒッ!」となり、一人で来たことを本気で後悔しました。

でも行きます!ミナコ、行きまーす!

地獄に入るとすぐに人面魚の池。

f:id:web-minako:20170730211336j:plain

シーマン…?

懸衣翁(けんえおう)だと思うけど、ちょっと違うみたいです。説明書きが消えてて読めない。

f:id:web-minako:20170730220442j:plain

この方、通路のすぐ脇にいて近すぎます。距離感おかしい。

鬼の食卓

f:id:web-minako:20170730220841j:plain

メニューは

・目玉の串刺し ・耳と舌の甘煮 ・面皮の青づけ ・人血酒

こっち見ないで!お食事中お邪魔しました!

食物を粗末にした罪

f:id:web-minako:20170730221221j:plain

人をたぶらかした罪

f:id:web-minako:20170730221307j:plain

乱用の罪…?

f:id:web-minako:20170730221338j:plain

他にも多くの罪人が様々な罰を受けていました。

f:id:web-minako:20170730221406j:plain

脅かす仕掛けは何もないし動くものはないのですが、それが逆に下手なお化け屋敷より怖いです。

カラフルなお地蔵様たち

f:id:web-minako:20170730221533j:plain

やっと地獄から抜け出せるのかと思ったら、その先には閻魔大王が!

f:id:web-minako:20170730221727j:plain

デカい!けど写真では伝わらないなー。

地獄の最後に閻魔大王って順番がおかしいけど、ここでは何でもアリです。

地獄ゾーンが終わってもまだ洞窟は続きます。

f:id:web-minako:20170730221947j:plain

いろんな仏像がありましたが、この愛染明王だけなぜか目がチカチカと光る仕掛けが。

f:id:web-minako:20170730222039j:plain

かなり見応えのある長い洞窟がやっと終わりました。

f:id:web-minako:20170730222251j:plain

せっかくなので自然公園の大涅槃像も見に行きます。洞窟戻りたくないし。

うっすらと階段らしきものを上っていき、自然公園へ。

f:id:web-minako:20170730222611j:plain

f:id:web-minako:20170730222722j:plain

大涅槃像

f:id:web-minako:20170730222740j:plain

全長6m。思ってたよりは小さく感じました。洞窟の中の閻魔大王の方が大きいんじゃないかな。

巌窟王もいます。

f:id:web-minako:20170730222905j:plain

巌窟院の敷地内で、このおじさんの小さいバージョンの彫刻をあちこちで見かけて何者?妖精?と思っていたのですが、巌窟王だったんですね。

恐怖の洞窟から下りてきて未完成大仏を見たらホッとしました。ありがたや。

f:id:web-minako:20170730223600j:plain

出口にはお土産やさん。

f:id:web-minako:20170730224110j:plain

かわいらしいハニベ焼の作品が並んでいます。

f:id:web-minako:20170730224215j:plain

スペシャルプライスの手ぬぐいも!

f:id:web-minako:20170730224238j:plain

欲しいけど使い道がないのでガマンしました。

夏にオススメのひんやりスポット・ハニベ巌窟院

今回は「怖い」しか感想を言ってない気がしますが、面白かったです。

一人で行くのはおすすめしませんが、一緒に楽しめる友人同士やカップルで行けば盛り上がること間違いなし!

洞窟の中は涼しいし、気持ちまでひんやりするし、夏にピッタリのレジャースポットです。

ファミリーにも意外といいかもしれませんね。
地獄の絵本や鬼と電話するアプリが流行ったりしてますが、恐怖を利用して子どものしつけをするなら、ここはピッタリです。絵本よりもずっとリアルで効果があると思いますよ。

ちなみに、私は息子を怖がらせたくないので連れて行きません!

 

ハニベ巌窟院公式サイト

 

ハニベ巌窟院のその他の見所など、さらに詳しい紹介はトリップノートへ執筆しています。気になった方はこちらもどうぞ!

tripnote.jp