MENU

実務未経験の主婦がフリーランスウェブデザイナーになるまでの道のり

[PR]

f:id:web-minako:20161117002004j:plain

 

実は、私がウェブデザイナーとしてひとり立ちするようになるまで、10年以上かかっています。
10年前、まさか自分がウェブデザイナーになるとは思ってもいませんでした。
憧れはありつつも、自分には無理だと決めつけていたんです。

10年前の私に言ってやりたいことは「うだうだ悩んでないでさっさと動きなさい!」ってこと。

私には特別な能力はありません。
寄り道しながら一歩ずつ進んでいたら今にたどり着きました。

私が歩んだ道のりを知ることで誰かが一歩踏み出すきっかけになることを願って、ウェブマルシェが誕生するまでの経緯を紹介します。

1・パソコン好きから独学でホームページ制作を始める

十数年前、パソコンを使い始めるようになってすぐに「パソコンって楽しい!」と思いました。

タイピングしてるだけで楽しくて、タイピングするために掲示板やチャットに書き込みをして、いろんなホームページを見ていて、そのうち自分でも作るようになりました。

最初は誰でも作れる簡単な無料ホームページ(Yahoo!ジオシティーズ)を利用していました。

だんだんと自分のホームページを更新するのに慣れてきて、他の素敵なホームページを見ていると「もっとここをこうしたい!」という欲が出てきます。

ホームページのカスタマイズ方法を検索してHTMLの存在を知り「とほほのHTML入門」というサイトを見ながら、手順通りに一から作ってみました。

私にとってホームページ制作はお絵かきパズルのような感覚で、趣味として楽しみながら作っていました。

2・アフィリエイトを知り、お小遣い稼ぎしてみた

アフィリエイトというホームページで広告収入を得る方法を知り、お小遣い稼ぎのために始めてみました。
無料のサーバーでは広告を貼ることが禁止されているので、格安のレンタルサーバーを利用し、ホームページの運営に慣れていきました。

このときは地域の情報サイトを作り、自分で公園などの写真を撮ってきて紹介していました。
今ではそういった情報サイトはたくさんありますが、当時はまだ珍しかったんですよね。
2年ほどでやめてしまったのですが、ずっと続けていれば今頃はそこそこの収入源になっていたかもしれません。私のバカ!! 

広告収入は良いときで月に5000円くらい。本当にお小遣い程度でしたが、ホームページを作ること自体が楽しかったので、もっと色々なホームページを作りたいな~と常に思ってました。

この頃に「ウェブデザイナーになれば?」と言われたことがあるのですが、専門学校で習ったわけでもない私がなれるものだとは思っていなかったので、憧れはありつつも現実的には考えていませんでした。

3・職業訓練でウェブデザイナー科を受講

アフィリエイトに飽きて、しばらくホームページ制作からは遠ざかっていたのですが、転勤で愛知県一宮市に引っ越したときに、地域情報誌で無料のウェブデザインスクール開講のお知らせを発見して「面白そう!しかも無料!!」と即応募しました。

このスクールは一宮職業安定所による職業訓練の一つでした。
職安に申し込んでOKをもらえたら、民営のパソコンスクールに無料で通っていいよ、というもの。
私が通ったのは一宮市のピーシースタイルスクールです。

ピーシースタイルスクール| 一宮市のパソコン教室

この教室で、私の人生観がガラリと変わりました。

1人の先生(+補助講師1人)に20人程の生徒が教わるという学校形式の講座を3カ月間受講。
ウェブデザインのスキルだけでなく職場見学をしたり、ビジネスマナーについても教わりました。

当時は妊娠初期で、つわりに耐えながらの出席でしたが、私の他にも妊婦さんがいたり、年齢も経歴も目標も様々な人たちに囲まれて、良い刺激をたくさん受けました。

私よりも年上(50代)の受講者がキラキラと夢を語っているのを見て、何かを始めるにはもう年を取りすぎていると勝手に思っていた自分の考えが改まりました。

受講期間が終わりに近づいた頃、講師との個人面談があり「インストラクターをやってみない?」と誘っていただきました。
出産を控え、産後働けるようになるころには転勤がありそうな状況だったので、受けることはできませんでしたが、私の考え方を劇的に変えてくれたインストラクターという職に強い憧れを持ちました。

4・パソコン教室のインストラクターになる

息子が1歳になる頃に地元・神奈川県への転勤が決まりました。

実家にはそれほど近くはなかったけど、今までと比べたら段違いに「手伝って~」と言いやすい距離になったことで、憧れのパソコンインストラクターとして働きたい!という気持ちが沸き上がりました。

思ってた以上に大変な保育園探しでしたが、なんとか働くことができました。

思っていた形式とは違ったインストラクター(ビデオ学習がメイン)でしたが、やりがいを感じ、楽しく充実した日々を過ごしました。

子育てと仕事の両立に悩みながらも、生徒さんのお役に立てる喜び、人生の先輩たちとお話しする楽しみ、スキルアップしていく喜びをたくさん経験しました。

この頃は、生徒さんに楽しみながら受講してもらうにはどうすれば良いか試行錯誤し、初心者向けのパソコン教本や心理学の本などを図書館で借りて読み漁っていました。

5・雑誌社のWeb担当としてホームページ制作部門を運営

次の転勤で金沢へ引っ越してからは働く気がなくなっていました。

インストラクター時代は充実感があり本当に楽しかったですが、一度離れてしまうと、また一から保育園を探して、仕事を探して、仕事・家事・育児をする(しかも今度は実家に頼れない)…というのには、二の足を踏んでしまいます。

しかし、息子が幼稚園に入ると保育料で家計が少々厳しくなり働かざるを得なくなりました。

どうせ働かないといけないなら好きな仕事をしたいと思い、ハローワークでパソコンインストラクターやウェブデザイナーの募集を探してみると、雑誌社でウェブデザイナーを募集していて、しかも勤務時間の融通が利くということ!

未経験の業界でしたが、熱意を持って応募し採用していただきました。

雑誌の制作も手伝いつつ、ホームページ制作については、お客様との打ち合わせからデザイン制作、コーディング、運営まで一人でやっていました。

ホームページ運営の経験があるとはいえ、実務としては未経験の私に丸投げしてくる社長。本を読み漁り、ネットで調べ、なんとかお客様の要望を叶えていくという日々でした。

その後、もう一人コーダーが入ってくれたので、相談しながら形を作っていくことができました。

6・給料未払いから起業を決心

雑誌社での仕事はとても楽しかったです。
お給料がきちんと支払われていれば今もそこで働いていたと思います。

詳しくは過去記事で書いていますが、私は給料の未払いがきっかけで起業しようと決心をしました。

 そんな感じで今に至っています。

一歩進めば何かが変わる

私は運が良かったのかもしれません。

でも、その運は勇気を出して一歩踏み出したから手に入ったんだと思っています。

あちこち寄り道しまくってきましたが、今の仕事には全ての経験が役に立っていると感じます。
やりたいことに向かって一直線に進むのはもちろん素晴らしいし、寄り道しながら進んでいくのも良いことだと思います。

どちらにしても、その場でじっとしていたら何も変わりません。
ぜひ一歩、どんな方向でもいいから足を踏み出してみてほしいと思います。

私の経験が誰かの励みになることを願っています。