カテゴリー

フリーランス主婦の理想と現実

f:id:web-minako:20161117002004j:plain

 

フリーランス主婦の理想と現実

知り合いから「コーディングができる人を探しているデザイン会社がある」と紹介され、外注の仕事依頼を期待して挨拶に行きました。

しかし提案されたのはパート勤務。

外注の依頼でないことには正直ガッカリしたし、せっかく起業したのに…と悩みました。

だけど、金沢でも有数のホームページ制作会社が私の力を必要としてくれるなんてありがたいことだし、間近で仕事内容を見られるのは勉強にもなると思い、通勤することを決めました。

もちろん、安定したお給料も家計には助かります。

フリーになったからと言って仕事がバンバン入るわけでもないし、依頼を頂いた制作が完成しても、すぐに売り上げにならないこともあります。色々な経費もかかります。

理想は、在宅で時間に余裕を持って好きな仕事だけをしていたい。

現実は、主婦の限られた時間で好きなことだけで稼ぐのは難しい。

なんて。言い訳ですね。
限られた時間でも資金がなくても事業を成功させてる人だっているんですから。私の力不足なんです。だから、今はもう少し修行が必要なんだと思っています。

パート勤務は通勤に時間が取られる分、朝晩の家事がとても忙しくなります。でも、安定収入を確保しつつ、スキルアップもできるという恵まれた環境にいることを忘れないようにと思っています。

コーダーとは?

ちなみに、私が今働いているコーダーという仕事は、デザイナーが作ったホームページ用のデザインをインターネット上で見たり動かしたりできるように、HTMLやCSSというパソコン用の言語を使ってデータ化(コーディング)していく人のことを言います。

フリーランスで働くウェブデザイナーはデザイン→コーディング→運営と全てやることも多いのですが、制作会社などでは営業・デザイン・コーディング・プログラミングと作業を分担して一つのホームページを作り上げていきます。

コーダーとプログラマーはちょっと違う

私はコーディングはできますが、プログラミングは苦手です。

コーディングも一応プログラミングではあるのですが、最近流行ってる子供向けプログラミング教室などで教えている、ロボットを動かしたりするプログラムとはちょっと違うんです。

たまに私がハッキングとかもできる人だと思われることがあるので、そんなことはできません!ということを言いたいだけです。なので詳しい説明は割愛します。

ウェブマルシェ、レベルアップ中!

個人事業としては寄り道をしてしまってるかもしれないけど、より良いものを作るための大切なインプットができていると日々実感しています。

「こんなのをコーディングするの!?」と途方に暮れるようなデザインでも、やってみると案外できちゃうもので、自分のコーディング力にも自信がついてきました。

今までは自分でデザイン→コーディングだったので、コーディングするときのことを考えてシンプルなデザインになってしまいがちでしたが、たくさんの素敵なデザインに触れ、それをコーディングしてきた今では考え方が変わってきています。

もっとスキルアップをして、フリーランスとしてもレベルアップしていきたいと思います!