MENU

小説家の卵の話。

[PR]

f:id:web-minako:20161020020738j:plain

同僚に小説家の卵がいました。

小説家デビューを目指し、各社新人賞へ応募しているエッグさん(仮)。

本好きな私は「読ませて!」とせがみ、エッグさんの原稿をゲット!

正直言うと、期待半分、不安半分。

自分でせがんだからには、どんな駄作でも内容がアブノーマルでも受け入れるつもりでいました。それくらいの器は持ち合わせてるつもりです。

そうしてエッグさんの作品を読み終わった私…

なにこれ超面白い!無料で読んでいいの!?

「どんな作品でも受け入れる」だなんて高慢ちきなことを思っていた自分が恥ずかしくなりました。

本屋に並んでる小説と変わらない面白さ!

ちなみに、私が大好きな作家は、有川浩・東野圭吾・三浦しおん・石田衣良・奥田英朗・桂望実。
作品によっては苦手なものもあるけど大好きな作家は、伊坂幸太郎・乙一・誉田哲也・柴田よしき・他多数。
最近ハマったけどまだあまり作品数を読めていないのは西尾維新。

小説のジャンル分けについてはよく分かっていなくて、雑食です。
目についたものや紹介されたものを読んで、気に入ったらその作家の作品を読み漁るというスタイル。純文学はムズカシイので苦手。

そんな、ミーハー本好き人間が面白い!と思う小説なら一般受けするはずだし、絶対にヒットする!新人賞だって余裕で大賞!

…と思ってたけど、プロへの道はそんなに広くはないんですね。

エッグさんが落選したと聞いて、多分本人以上にショックだったのは私です。
本当に面白いと思ったのに…

しかし、エッグさんは腐ることなく作品を作り、応募しました。

そして先日、

GA文庫大賞奨励賞を受賞し、小説家デビューしました!!

おめでとう!!

身近な人が夢を叶える!こんなにうれしいことはありません。

フィクション・ブレイカーズを宣伝します!

孵化したエッグさん改め西島ふみかるさんのデビュー作「フィクション・ブレイカーズ」はこちら! 

近未来、妄想に囚われ昏睡状態に陥る『エンタメ汚染症』が蔓延。

治療するには、患者の妄想世界に精神ダイブして内部崩壊させる『意識潜入治療』しか方法はない――

と、あらすじを紹介してもこの小説の面白さは伝わりにくいと思うので、とりあえず立ち読みしてみてください。

フィクション・ブレイカーズ【立ち読み版】

ジャンルはライトノベルですが、大人も絶対楽しめます!

特にドラクエ・FFにハマった世代の方は後半ツボだらけですよ。

大崎シンヤさんの挿絵もかわいすぎる!

ウハウハ印税生活のはじまり?

私としては、小説家として本を出版したら印税生活の始まりだと思ってしまいます。でも実はそうではないらしいです。

数多くデビューしている小説家たちの中で、執筆活動だけで食べていけるようになるのはごくごくわずか。実力だけでなく運も必要になる世界。簡単にはいきません。

小説家のヒナ、西島ふみかるさん。私は立派なハシビロコウになれると信じています。

 

飽きっぽくて目標を見失いがちな私は、コツコツ努力し続けて夢をつかみ取ったふみかるさんをひたすら尊敬しています。

身近にお手本となる人がいてくれると、自分のモチベーションも上がりますよね。

 

フィクション・ブレイカーズは近々続編が出る予定です。
ぜひぜひお手に取ってみてくださいね!