カテゴリー

【DIY】漆喰「うま~くヌレール」で和室の床の間を塗ってみました。

f:id:web-minako:20160722021205j:plain

漆喰を平面になめらかに塗るのはかなり難しい!

砂壁をはがした和室の床の間に漆喰を塗りました。

使用した漆喰は「うま~くヌレール」!

その名の通り、素人でも上手く塗れちゃうよ~!という代物。

ホームセンターで実演販売を見て買ってしまいました。

購入したのは「みず色」

f:id:web-minako:20160722024703j:plain

床の間をしっかり養生して

f:id:web-minako:20160722024741j:plain

いざ!漆喰塗り!

使う道具は家庭用左官3点セット

f:id:web-minako:20160722024900j:plain

受け台に漆喰を盛って

f:id:web-minako:20160722025033j:plain

コテで塗る!

f:id:web-minako:20160722025057j:plain

ちなみに、この「うま~くヌレール」は「仕上げ用」です。

「うま~くヌレール下地用」という商品もあるのですが、実演販売のお兄さんに聞いた話では、砂壁には下地なしで仕上げ用を2度塗りすればいいよ、とのこと。

商品の裏面にも壁の素材ごとの説明が丁寧に書いてあります。

f:id:web-minako:20160724064734j:plain

一面を塗ったらこんな感じに。

f:id:web-minako:20160722025440j:plain

漆喰の仕上げはいろんなパターン(模様)をつけて、その風合いを楽しむことも多いのですが、私はなめらかに平面で仕上げたいのです。

実演販売のお兄さんにもそう言ったら、平面仕上げは一番難しいと言われ、模様のつけ方を色々と実演してくれました。

でもやっぱり私は床の間はストレートな平面に仕上げたい!と言うと「ひたすら同じ方向に伸ばすといい」とアドバイスをいただきました。

実際にやってみるとこれが本当に難しい!

もっと他にコツはないのかと思って「漆喰うま~くヌレール 塗り方DVD」(無料)を見てみました。

f:id:web-minako:20160722030640j:plain

30分しっかり見て、うま~くヌレールの魅力についてはよく分かったけど、平面塗りのコツはなかった…。模様のつけ方を少々教えてもらえただけ。

「うまく塗るコツは、楽しんで塗ることです♪」だそうです。

まぁ、塗るのは楽しいんだけど。

 

楽しみながら塗ってみた結果。

f:id:web-minako:20160722030956j:plain

汚い。

下塗りだからいいけど…ちょっとショック…。

やっぱりDVDで紹介してた「うま~くヌレールコテ」を使わないとうま~く塗れないのか??

ちなみに、3面を塗り終わるまでにかかった時間は約3時間です。

乾きかけはこんな感じ。

f:id:web-minako:20160722031246j:plain

どうなってしまうのか不安だったけど、

完全に乾いたらイイ感じ!よかった~。

f:id:web-minako:20160722031443j:plain

 

でも近くで見るとボコボコです。

f:id:web-minako:20160722031536j:plain

塗り終わってから乾くまでは半日くらいでした。(7月、風通りの良い和室)

 

次はこの上に仕上げ塗りをしていきます。 

仕上げ塗りの様子と塗り方のコツは次のページ >>