カテゴリー

カビ臭い洗濯機は分解して掃除!洗濯槽クリーナーでは落ちない汚れを落とす!

f:id:web-minako:20160620010859j:plain

洗濯機の分解掃除方法

洗濯機のカビ臭さが気になり始めたので、分解して掃除しました。

私が初めて洗濯機を分解掃除したのは約1年前です。

洗濯槽クリーナーを使っても使っても臭う洗濯機がどーーーしても気になり、
もし壊してしまったら買い替える覚悟で(むしろ買い替えたくて、口実を作るために壊す気半分で)分解してみたら、意外とあっさりできてしまいました。

女性一人でもできちゃいます!

ざっと調べた限りでは洗濯機の分解掃除は1万円ほどでプロに頼めるようです。
洗濯機のカビ臭が気になる!でも1万円は払えない!という方はこの続きをご覧ください。

ただし、分解して壊れたらメーカーなどの保証はききません。
そのときは買い替えてもいい!という方だけ試してみてくださいね。

分解に使用するのはドライバー1本です。

洗濯機の分解掃除手順

洗濯機の機種はSHARPのES-GE60Lです。

f:id:web-minako:20160620014948j:plain

水の元栓は閉めておいたほうが安心です。
変なことをしなければ水は出てきませんが、念のため。

まずは、外側上部のネジを外します。

f:id:web-minako:20160620015141j:plain

ネジは四隅にあります。(息子が興味津々でのぞき込んでます)
この後にも外していくネジがあるので、どこのネジだか分かるように置いておきましょう。ここを適当にしていると後で泣きます。

4本のネジを外すと、洗濯機の上部がパカッと開けられます。

f:id:web-minako:20160620015613j:plain

上げたふたはこれ以上外さずに、このまま置いておきましょう。
無理に外そうとしてホースがズレると戻すのが大変です。
前回私はそれで水漏れして直すのに苦戦しました。

次に、ツメで引っかかっているドラム上部の部品を外します。

f:id:web-minako:20160620020635j:plain

f:id:web-minako:20160620020900j:plain

外した部品の裏側。1年でこの汚れ!

次はドラムの底の回るやつを外します。

f:id:web-minako:20160620021205j:plain

このネジは固いです。
回るやつが回らないようにしっかり押さえて、ネジ山を削らないように慎重に押し回します。

無事に外れました。

f:id:web-minako:20160620021513j:plain

下に丸い金具(ワッシャー?)が付いているので、組み立てるとき忘れずに戻しましょう。

この部分は洗濯槽クリーナーで汚れが落ちるので、裏もキレイです。

f:id:web-minako:20160620021728j:plain

 

ドラムの底を外します。
ネジがたくさんありますが、真ん中の4つだけ外せばOKです。

f:id:web-minako:20160620021921j:plain

ネジを外したら、ドラムを持ち上げます。

見た目よりは重くないです。
私の感覚だと息子(16kg)の3分の一くらいの重さかな。

外したドラムはお風呂場へ。

f:id:web-minako:20160620022458j:plain

f:id:web-minako:20160620022601j:plain

うん、汚い。

お風呂場などで丸洗いするときは、下に厚めのレジャーシートなどをひいておくのをオススメします。
ドラムの底の金属部品でお風呂の床を傷つけないためです。

 

さて、ここから閲覧注意!

 

ドラムを外した後の洗濯槽です。

f:id:web-minako:20160620022831j:plain

いやぁぁぁぁ!

直視したくないけど、これが臭いの原因、私の敵!!

声を大にして言いますが

掃除をサボっていたわけではありません!

ちゃんと洗濯槽クリーナーを使っていても、ここの汚れは落ちないんです!

 

続きは次ページで。

さて、この強敵を駆逐しましょう >>