MENU

屋号とはなんぞや。

[PR]

f:id:web-minako:20160412230311j:plain

最近、屋号屋号と連発してるのですが、そもそも屋号ってなに?
と思って調べてみました。

 個人事業主の屋号は法人の会社名のようなもの

個人事業主が開業届に記入する「屋号」というのは、法人にとっての「商号(会社名)」と同じです。

ただし、法人として会社を設立するときには必ず商号を届け出なくてはいけないのに対して、個人事業では屋号はつけてもつけなくてもOKなのです。
私はあった方が良いと思ったので悩みに悩んで屋号をつけました。 

江戸時代に広まった庶民の称号が屋号の始まり

武士以外は苗字をつけることが認められていなかった江戸時代に、商人や農家の人たちが個人を特定するため、職業名や先祖の名前、住んでる場所などの情報を元にして家ごとにつけた称号が屋号の起源です。

家の称号ということで、家号とも言われていたそうです。

「よっ!○○屋!」は歌舞伎俳優の屋号

歌舞伎をよく知らない人でも、歌舞伎の舞台で役者さんが出てきたときにお客さんが「よっ!○○屋!」と掛け声をかけてるのを聞いたことがあるんじゃないでしょうか。あれは歌舞伎役者の屋号です。

"屋号一覧"で検索をかけると、歌舞伎役者さんの屋号がたくさん出てきますよ。

 

「屋号」ってなんぞや、ということを簡単にまとめてみました。
言葉の由来や進化したり変化していく様子を知るのって面白いですね。

関連記事