MENU

楽天銀行で個人事業の屋号つきビジネス口座を開設してみました

[PR]

f:id:web-minako:20160415112703j:plain

楽天銀行でビジネス口座を開設するも、色々と思い通りにはいかず…

開業届を提出後、真っ先にやったこと。
それは屋号つき銀行口座開設!

せっかく悩みに悩んで屋号をつけたんだから、それを使ってビジネスしたいじゃないですか!

三菱東京UFJ銀行では断念しましたが、ネットで調べた結果、楽天銀行が屋号付きのビジネス口座を作りやすい様子だったので、挑戦してみました。

屋号付き口座開設に必要なものは開業届のコピーだけ

楽天銀行の個人口座を持っていない人は、まず個人口座を開設します。
口座を開設する|楽天銀行

個人口座を持っている人は、自分の口座にログインして、マイアカウントページの下の方「個人ビジネス口座開設」というリンクから申し込めます。

個人ビジネス口座開設の申し込みをすると、5日後(土日挟む)に封筒が送られてきました。その中に受領印付き開業届のコピーを入れて返送します。

さらに7日後、「個人ビジネス口座開設準備完了」というメールが届き、そのメールの指示に従って楽天銀行サイトで最終開設手続きをして、めでたく屋号つきのビジネス口座ができあがります!

申し込みから2週間ほどで簡単に開設できました。わーい!

屋号付きのクレジットカード作成はお金がかかる…

口座の開設は簡単にできました。
しかし、私がビジネス口座を作って一番やりたかった、ビジネス用のクレジットカード作成は無料ではできないらしいのです…

サーバー代や商品仕入れなどクレジット決済を使うことが多いから、それをビジネス専用口座で管理したかったのに。

ビジネス口座で申し込めるのは年会費10,800円(税込)の楽天プレミアムカードだけ!

10,800円!高いわ!

私の情報収集能力が足りませんでした。

いつか、楽天プレミアムカードを申し込めるようにガンバリマス!

ビジネス口座はキャッシュカードを作るのにもお金がかかる

楽天銀行の個人口座はキャッシュカードが無料でもらえますが、ビジネス口座ではキャッシュカードの発行手数料が1,080円(税込)なんですって。

1,080円…。節約主婦としては悩む金額です。

クレジットが使えないとなるとメイン口座にはなりそうにないので、現金が必要なときは個人口座に移し替えてから出金すればいいや、と思い、キャッシュカードの申し込みはしていません。

自動引き落としは楽天銀行間のみ

私の仕事ではお客様から毎月定額で支払っていただくお金があります。

なので、自動で口座引き落としできるシステムを探していたのですが、楽天銀行では楽天銀行間でしかできないようです。残念。

やっぱりメイン口座には使えそうにありません。

お客様からの振込先に使っています

でも、楽天銀行以外では屋号つき口座を作るのが大変だったり、ネットバンキングが使えなかったりしたので、結局私が持っている屋号つき口座は楽天銀行だけです。

お客様に渡す請求書の振込先にはこの屋号つき口座を記載しています。
やっぱり屋号ついてる方がちゃんとして見えるし!

個人事業主で屋号つき口座が欲しい方は楽天銀行が一番簡単に開設できますよ。

 

関連記事